【映画レビュー:フォーカス】詐欺師どうしのラブロマンス

今回は、映画『フォーカス』の感想レビューです。

詐欺師をテーマにしているのでサスペンスに思えますが、基本的にはラブロマンスでした。

今回のレビューにネタバレはないので、観る前の参考にしていただけます。

映画情報
  • おすすめ度:6/10
  • 原題:『FOCUS』
  • 主演: ウィル・スミス
  • 監督: グレン・フィカーラ
  • ジャンル:ロマンス
  • 公開:2015年
  • 長さ:105分(1時間45分)

あらすじ

詐欺師ニッキーは犯罪グループを組織し、荒稼ぎしていました。

ある日、グループとは無関係の詐欺師ジェスがニッキーをハメようとするものの、返り討ちに。

ニッキーの詐欺テクニックに惚れ込んだジェスは、自分もグループ入りたいと思うようになります。

加入後のジェスは仲間とともに華麗なスリを次々と披露。

晴れて立派な仲間の一人になりました。

しかし大きく儲けたある日を境に、ニッキーはジェスの前から姿を消してしまいます。

ジャンルについて

本作『フォーカス』は、ジャンルでいうとラブロマンスだと思いました。

確かにクライム映画としての要素もあるのですが、あくまで中心はニッキーとジェスの恋愛模様。

このことは観る前に認識しておいた方が良いです。

良かったところ

ニッキーを初めとする犯罪グループのメンバーは、様々な手口で詐欺を働きます。

個人的にはそういった詐欺シーンが一番の見どころでした。

まぁ映画なので、「そんなのアリか」と思う部分はあります。

例えばスリなんかでも、現実だったら絶対にバレるに違いない…と思いながら観ていました。

あくまでフィクションとして厳密に考えず、軽い気持ちで観た方がいいと思います。

 

ストーリーについては、ラブロマンスとしては普通かなと思いました。

出会って仲良くなって、終盤でケンカするも、最後には仲直りしてハッピーエンド。

全体としてはよくある展開だと思います。

実は僕は本作を『オーシャンズ』シリーズのようなクライムサスペンスと思って観たので、予想とは違いました。

めちゃくちゃ面白い話ではないけど気軽に観る映画としてはアリ、というのがありのままの感想です。

良くなかったところ

ストーリーの流れについて、残念なところが2つありました。

  • 3年経過する意味がわからない
  • 前半の方が盛り上がった

 

本作のストーリーは大きく前半と後半に分かれています。

あらすじに書いたとおり、大きく儲けた後ニッキーは姿をくらまします。そこまでが前半。

それから3年後がいきなり後半として描かれます。

 

確かに、時間の流れをぶった切る手法は、それなりの理由があればOKだと思います。

ただ僕には本作において3年経過する意味がよく分かりませんでした。

つまり、3年間の空白は物語を面白くするわけでもなく、違和感を残しただけです。

 

さらに、後半は前半ほど盛り上がらなかったのも残念なポイント。

前半終了まではキレイに盛り上がって、勢いもありました。

アジア系の男との駆け引きはスリリングで面白かったです。

しかし、物語の締めとなる後半のネタが前半より面白かったかというと…微妙。

なので、前半の勢いのまま最後まで右肩上がりで行ってくれれば、もっと面白い作品になったと思います。

 

Huluのあらすじで「驚きの結末が」と書いてあったので、僕は印象的なオチを期待していました。

ところが、別に驚きの結末というほどのことでもなかったな、というのが正直な感想です。

やはり本作はあくまでロマンス。

それ以外の要素は肉付けとして考えた方が良いと思います。

おわり

以上、映画『フォーカス』の感想レビューでした。

良くなかったところの方がたくさん書いてしまいましたが、致命的な欠点はありません。

何とも味気ない感想ですが、可もなく不可もなく、平均的な映画だと思います。

あくまでロマンスだと認識し、あらすじでピンときたらぜひどうぞ。